トップページ > 子育て広場 > 妊娠がわかったら(母子健康手帳の交付・プレママ教室)
イベント情報。
妊娠しました。
出産しました。
乳幼児期の子どもがいます。
小中学生の子どもがいます。
高校生以上の子どもがいます。
児童手当について。
子どもが病気です。
次世代育成について。
子育て関連の施設を探す
その他

妊娠がわかったら(母子健康手帳の交付・プレママ教室)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

母子健康手帳、妊婦健康診査受診票の交付

■母子健康手帳

 妊娠の初期からお子様が小学校に入学するまでの間の、お母様とお子様の一貫した健康記録です。健診や健康相談、予防接種を受けるときには必ず持参してください。病院などで受診するときにも、持参すると診療の助けになります。また、手帳の後半には、妊娠や育児についての情報が掲載されています。

 妊娠がわかり、病院から交付を勧められたら、早めにおこしください。時期について、特に決まりはありませんが「妊娠11週以内」の交付が推奨されています。

■妊婦健康診査受診票

 公費で妊婦健康診査(妊娠週数に応じて最大14回)を受けられるものです。
   ※妊娠の週数に応じて決めている検査項目以外や治療を受けた場合は、自己負担になります。
   ※里帰り出産などで県外医療機関で受診された妊婦健診費用については、一旦支払った後、
     書類を添えて請求することができます。(請求期間は受診日から1年以内)

  ◇必要書類 菊陽町指定の申請書・領収書・必要事項が記載された受診票・預金通帳・印鑑

 母子健康手帳交付 日時・場所  

妊娠届出書に個人番号(マイナンバー)の記入と、届出人の本人確認が必要になります。

このことに伴い、妊娠届出書の様式と届出時に必要な書類が変わりますのでご注意ください。

<妊婦本人が届け出る場合に必要な書類>

①妊娠届出書(妊婦本人の個人番号の記入が必要)

(町ホームページでダウンロードできます。)

②個人番号カード(または個人番号通知カード)

③妊婦の本人確認ができるもの・・・運転免許証など(個人番号カードをお持ちでない場合)

<代理人が届け出る場合>

①妊娠届出書(妊婦本人の個人番号の記入が必要)

・代理人が申請する場合も、原則として届出書は本人が事前に記入してください。

(町ホームページでダウンロードできます。)

・妊娠届出書下部の「委任状」は同一世帯のご家族の場合は必要ありません。

②妊婦本人の個人番号カード(または個人番号通知カード)

・カード(原本)を持参できない場合は、カードの両面をコピーしたものを持参してください。

③代理人の本人確認ができるもの(運転免許証など)

※①および②は原則として妊婦本人が事前に記入、用意してください。

※代理人が届け出する場合は、必要に応じて、個人番号が見えないよう、書類を封筒に入れて渡すなどしてください。

母子手帳交付は予約が必要です!

<発行日>※祝日を除く

水曜日 9時から17時まで 菊陽町役場 健康・保険課

木曜日 9時から11時まで 光の森町民センター

※光の森町民センターでは前日(前日が祝日の場合は前々日)までに予約がないと交付できません。

<予約先> 

菊陽町役場 健康・保険課 保健予防係 096-232-4912 

菊陽町妊娠届出書 [Pdfファイル/118Kb]    

 プレママ教室

 歯や栄養、妊娠中の過ごし方などについてプレママ教室で楽しく学びませんか。心配なことや不安なこと、どんな小さなことでも構いませんので気軽に相談してください。皆さんの参加をお待ちしています。

 内容

  • 歯科検診・講話
  • 保健師講話「妊娠中の生活で気を付けること」
  • 管理栄養士による食生活のアドバイスと試食

 ※歯科検診がありますので、歯を磨いてきてください。

 日時・会場

会場

光の森町民センター(キャロッピア会議室)

開始時間

午後1時30分(1回目)、午前10時(2回目)   2回シリーズ

    日程は、平成29年度健康カレンダー(母子) [Pdfファイル/818Kb]ご確認ください(要予約)。

 持参物

  母子健康手帳

 申し込み先

  菊陽町役場 健康・保険課 保健予防係