トップページ > 第5期菊陽町総合計画 > 人を大切にするまち

人を大切にするまち

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年9月1日更新

都市像:人を大切にするまち

(1)個性を引き出し、感性を磨くまちづくり(教育・文化)

1 学校教育の充実

  • 基礎・基本学力の向上、国際化・情報化への対応、道徳教育、人権教育、学校給食の充実と併せた「食」に関する学習、学社連携による総合的な学習など、多様で特色のある教育を進めていくとともに、特別支援教育も充実させ、併せて教職員の資質向上を図ります。
  • いじめ、不登校に対処するとともに、家庭・地域・学校が連携し、青少年健全育成や子どもの安全確保に努めます。
  • 学校教育施設の耐震化はもとより、学校設備の更新、バリアフリー化などにも取り組みます。

2 生涯学習・生涯スポーツの充実

  • 住民の多様化する学習ニーズに対応した図書館、中央公民館、町民センター等の生涯学習施設の有効活用を図るとともに、西部地区における地域住民の活動拠点の整備を図ります。
  • 総合スポーツセンターや総合(多目的)グラウンド等の整備を含め、体育協会やスポーツクラブと連携し、子どもから高齢者まで気軽に参加できる生涯スポーツ・レクリエーションの振興を目指します。

3 文化・芸術の振興

  • 本町の歴史や文化を示す文化財の発掘・調査やPR活動等を通して、町内の文化財や伝統文化の保存・活用に努めるとともに、町民が優れた文化・芸術に触れる機会の提供に努めます。

(2)地域で支え合い、みんなが健康で暮らせるまちづくり(健康・福祉)

1 生涯にわたる健康の保持・増進

  • 自分の健康は自分でつくるという健康観の普及や町民自らが健康づくりに取り組める環境を整備するとともに、地域における健康づくりの活動支援を行い、健康意識の高揚と健康の保持増進に努めます。
  • 健康づくりの拠点となる施設の整備について検討します。
  • かかりつけ医の推進や緊急医療体制の整備など地域医療体制の維持、継続に努めます。

2 地域福祉の充実

  • 「菊陽町地域福祉計画」に基づき、福祉意識の高揚をはじめ、地域に暮す人々が連携し、専門知識をもった人材のネットワークづくりやボランティア拠点の充実などを図ります。

3 高齢者福祉の充実

  • 高齢者がいつまでも住み慣れた地域で安心して健康に暮らしていけるように、福祉サービスや生きがい対策の充実など総合的な高齢者福祉の施策を展開します。

4 障がい者福祉の充実

  • 「菊陽町障害者計画」及び「菊陽町障がい福祉計画」に基づき、障がいの有無にかかわらず住民が相互に人格と個性を尊重し、安心して働き暮すことのできる社会の実現を目指します。

5 子育て支援の充実

  • 「菊陽町次世代育成支援行動計画」(さんさん輝く陽っ子プラン)に基づき、多岐にわたる保育サービス等を充実させ、子どもを安心して産み育てられる環境づくりを進めます。

6 ひとり親家庭などへの支援

  • 母子・父子家庭世帯、低所得者世帯の日常生活での負担を軽減するため、相談・指導体制の充実に努めます。

7 社会保障制度の適切な運営

  • 国民年金制度の周知と国民健康保険、高齢者医療保険、介護保険の円滑な運営を図ります。