トップページ > 組織でさがす > 生涯学習課 > 菊陽町子ども会育成連絡協議会Q&A

菊陽町子ども会育成連絡協議会Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月17日更新

菊陽町子ども会育成連絡協議会Q&A(H29.3.1)

 

 

Q菊陽町子ども会とはなんですか。

 A 菊陽町子ども会(以下、町子ども会)は、各単位子ども会(以下、子ども会)の連絡連携、子どもの健全育成及び指導者の研修を行い、子ども会の発展に努めることを目的とする団体です。

次の事業を行います。

(1)子ども会の結成促進に関すること。

(2)子ども会活動の充実振興に関すること。

(3)子ども会のスポーツ振興に関すること。

(4)関係各種団体との連絡提携に関すること。

  

Q町子ども会とはどんな組織ですか。

 A 町子ども会とは、役員(会長1名、副会長複数名)と各単位子ども会で構成される組織です。町子ども会は、全国子ども連合会、熊本県子ども会連合会に所属しています。(図1)

                                                                   (図1)

組織図1組織図2

  

Q町子ども会に入るにはどんな手続きが必要ですか。

 A 所定の「加入申込書」等を町子ども会事務局に提出し、年会費を納めることが必要です。(図2)但し、年会費を納めることで、全国子ども会安全共済会の補償を受けられます。

                                           (図2)

 年会費内訳

 

 

Q町子ども会はどんな活動をしていますか。

 A ビーチボールバレーやソフトボールなどの各種大会の企画・運営。年3回程度の代表者会議などを主に行っています。(図3)

                                              (図3) 

事業計画

Q町子ども会に入るメリットはなんですか。

 A 町子ども会に入るメリットは3つあります。

(1)    多彩なイベント

 町子ども会では、さまざまなイベントを企画運営しています。

大会を通じて、異年齢集団の中で普段は絶対できない経験ができます。

各種イベント

・ソフトボール ・ビーチボールバレー ・ドッヂビー

・駅伝 ・その他ものづくり教室等

この他にも、郡や県が企画・運営するイベントにも参加することができます。

 

(2)    子ども会活動に特化した保険

町子ども会に加入すると、全国子ども会安全共済会の補償を受けることができます。傷害・後遺障害・死亡・賠償責任まで、幅広く補償があります。

詳しくは→(http://www.kodomo-kai.or.jp/anzen_kyosaikai/

(3)    運営を助ける助成金

町子ども会に加入し、所定の活動を行うと菊陽町社会福祉協議会からの助成を受けられます。

① 助成内容   助成金10,000円

② 条   件   実施計画のなかに1つでも福祉活動を含むこととする。

・民生委員児童委員協議会のおたより運動の参加協力

・ボランティア活動

・地域老人会などとの世代間交流会

・地域美化活動 など

(社会福祉協議会 菊陽町子ども会活動費助成金交付規程より)