トップページ > 組織でさがす > 総合政策課 > 消費者行政に関する意思表明

消費者行政に関する意思表明

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月12日更新
 菊陽町では、平成24年度に消費生活相談窓口を開設し、これまで悪質商法や各種詐欺、スマートフォンを利用した架空請求など、多様化する消費トラブル等の解決に努めてきました。
 また、平成25年度からは、隣町の大津町と消費生活相談業務に関する広域連携協定を締結し、「両町の住民が、両町の消費生活相談窓口を利用すること」が可能になりました。
 しかし、平成28年1月から行政手続に必要となるマイナンバーや、個人情報の流出に対する不安につけ込み、金銭をだまし取るなど現在の社会情勢に合わせた事例も発生しております。
 このような事例の解決に向け、今後も町民の皆様が安全・安心に暮らせる地域づくりを目指して、引き続き消費者行政に全力で取り組んでまいります。
 消費生活に関してお困りの際はささいなことでも構いませんので一人で悩まず、消費生活相談窓口へご相談ください。


   平成28年1月12日

    
    菊陽町長  後 藤 三 雄