トップページ > 組織でさがす > 総合政策課 > 菊陽町・屋久島町姉妹都市盟約20周年記念「杉の絆」

菊陽町・屋久島町姉妹都市盟約20周年記念「杉の絆」

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月31日更新

杉の絆

縄文杉 岩に生えた苔の上に着床し発芽した杉 豊後街道菊陽杉並木

慶長6年(1604年)ごろ、加藤清正公が豊後街道菊陽杉並木に屋久島の屋久杉を植えたという伝説がありました。

この伝説をもとに、町は昭和61年、豊後街道菊陽杉並木の保全復元のため、屋久杉の幼杉を移植。
これ以降、多くの人たちがお互いの町を訪問し、心ふれあう交流を重ね、7年後の平成6年、両町は姉妹都市を結びました。

平成26年11月、両町は姉妹都市盟約20周年を記念し、菊陽杉並木公園「屋久島の森」に屋久島自生の樹木を植樹。屋久島「健康の森公園」へ春めき桜を植樹しました。

この度、杉が結んだ両町の20年にもわたる交流の歴史を振り返り、さらに絆が深まることを願い、姉妹都市盟約20周年記念「杉の絆」を両町合同で製作しました。

全ページを見る

杉の絆

ページごとに見る