トップページ > 組織でさがす > 総合政策課 > 熊本地震に伴う消費者トラブルにご注意ください!

熊本地震に伴う消費者トラブルにご注意ください!

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月17日更新

消費者トラブルにご注意ください!

 熊本県内において、地震により壊れた建物の修理や解体・撤去を行う際、見積もりを示されずに高額な請求をされたという事案が発生しています。

 過去の災害においても、不安をあおって契約を急がせたり、工事内容についてあまり説明をせずに工事をして高額な請求をするケースが見られます。

 勧誘されてもその場ですぐに頼まず、工事の内容や費用について書面でよく確認したうえで、家族に相談したり、複数の業者から見積もりをとるなどして、十分に検討しましょう。

今回の地震で、実際にあった相談とアドバイス

 ケース①  
     地震で自宅の屋根瓦が損壊して、ブルーシートで応急措置をしていたら、業者が突然訪ねてきて、しつこく勧誘された。
  また来たらどうしたらいいだろう。
    【アドバイス】  
  訪問販売では、消費者が当該契約を締結しない旨の意思を示した場合、再び契約の勧誘をすることは特定商取引法で禁止されています。
  それでも勧誘するようであれば「事業者名」「連絡先」「担当者」を確認の上、県消費生活センターや菊陽町消費生活窓口、警察にご連絡ください。
  断るときは「いいです」「結構です」とあいまいに断るのではなく、「お断りします」と明確に伝えましょう。
  
 ケース②
  
 工事業者が訪問してきて、屋根工事の勧誘があった。契約すれば応急措置をしてくれるとのことだった。
  雨漏りの心配もあったので、考える暇もなく契約してしまった。
  後日調べてみると、一般的な価格より高額だったので、解約したい。
  【アドバイス】 
  勧誘されてもその場ですぐに頼まず、工事の内容、費用を書面で確認しましょう。
  複数の業者から見積を取ったり家族に相談して、しっかりと検討しましょう。
  なお、訪問販売の場合はクーリング・オフの対象になります。

 

消費生活に関するトラブルなどありましたらご相談ください

 お困りの際は、熊本県消費生活センターや菊陽町消費生活相談窓口にご相談ください。
 
 熊本県消費生活センター 
 相談電話096‐383‐0999
 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時(面談・電話相談)
 日曜日       午前9時~午後5時(電話相談のみ)  

 菊陽町消費生活相談窓口
 相談電話096-232-2112
 月・木曜日 午前10時~午後4時(面談・電話相談)

無料法律相談会

 県消費生活センターと消費者庁、熊本県弁護士会は熊本地震で被災された消費者を支援するため無料法律相談会を開催します。
 
 相談電話096-383-0999
 毎週火・木曜日(電話・面談)午後1時~4時
 毎月第二・第三金曜日(面談のみ)   午後1時~4時
 ※祝日を除く。面談は予約が必要です。

九州県全司法書士会による熊本地震無料電話相談

 「ローンの支払いが続けられるか不安」「余震が怖くて賃貸アパートを退去したけど、中途解約はできるのか」「私が利用できる支援策はどのようなものがあるのか」などの悩みを気軽に相談してください。
 相談電話0120-863-123
 毎日(土日祝日含む)午後4時~7時

熊本地震消費者トラブル110番

 相談電話0120-7934-48
 毎日(土日祝日含む)午前10時~午後4時
 →熊本地震消費者トラブル110番

 詳しくは下記の注意喚起チラシをご覧ください。