トップページ > 組織でさがす > 介護保険課 > 平成28年4月より介護予防・日常生活支援総合事業が始まりました!(H29.4更新)

平成28年4月より介護予防・日常生活支援総合事業が始まりました!(H29.4更新)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月1日更新

介護予防・日常生活支援総合事業が始まりました

 生活支援が必要な高齢者の多様なニーズを地域全体で支えるために、介護保険法が改正され、菊陽町では4月から介護予防・日常生活支援総合事業が始まりました。 多様なサービスの中から希望するサービスを選べるようになります。

 総合事業イメージ図

サービス内容

介護予防・生活支援サービス

要介護認定で要支援1・2の判定を受けた人
基本チェックリストにより生活機能の低下がみられた人
が利用できるサービスです。
【訪問型サービス】
●ホームヘルプ
 自立した生活を営むために、訪問介護員等が、洗濯、掃除などの日常生活上の支援を行います。
●短期集中予防
 町看護師が1~3ヶ月程度を目安に居宅を訪問し、通所サービスにつなぐことを目的とし予防指導・情報提供を行います。
 
【通所型サービス】
●デイサービス
 通所介護施設などで機能訓練をはじめとした支援を行います。
●さんさん元気クラブ、いきいき大学(1年:週1回)
 地域の拠点において行われる健康づくりや社会参加を目的とした教室。参加者が積極的に運営に関わります。
●元気が出る学校(4か月:16回程度)
運動を中心に口腔機能向上・低栄養の予防・認知症予防に取り組みます。
●住民主体の集いの場(モデル地区で週1回)
地域の集会場に自主的に集まり、そこで体操等の介護予防の取組を行います。
【その他の生活支援サービス】
●ごきげんコール
 ボランティアが一人暮らしの高齢者や日中一人になる高齢者へ電話で安否を確認し、健康状態を把握します。

一般介護予防事業

65歳以上の人が利用できるサービスです。
●健康ウォーキング(月2回)
 日本ノルディックウォーキング協会(JNWA)公認指導者の元、ノルディックスティックを使用したウォーキングを行い、楽しみながら健康づくりを行います。
●地域住民グループ支援事業ふれあいサロン
 地域での孤立・閉じこもり防止や健康・生きがいづくりが目的です。身近な地域で参加者とボランティアが内容を企画。住民主体で運営していく、楽しい仲間づくりや交流の場です。
●さんさん介護予防パートナー
 介護予防の知識・技術を習得し、地域で介護予防活動に取り組むボランティアの養成や活動の支援をします。
●介護予防健診ウェルネスチェック
 筋量や体力を測定し、結果を説明。健康づくりのアドバイスをします。

総合事業申請・届出書

要支援1・2、事業対象者の届出に係る様式です。

サービスコード(H29.4更新)

様式名

PDF用

訪問型サービス(みなし)コード表(A1)

訪問型サービス(みなし)コード表(A1) [PDFファイル/39KB]

訪問型サービス(独)コード表(A2)

訪問型サービス(独)コード表(A2) [PDFファイル/40KB]

訪問型サービス(定率・独自)コード表(A3)

訪問型サービス(定率・独自)コード表(A3) [PDFファイル/18KB]

通所型サービス(みなし)コード表(A5)

通所型サービス(みなし)コード表(A5) [PDFファイル/37KB]

通所型サービス(独自)コード表(A6)

通所型サービス(独自)コード表(A6) [PDFファイル/37KB]

介護予防ケアマネジメントコード表(AF)

介護予防ケアマネジメントコード表(AF) [PDFファイル/27KB]
CSVファイルです。システムに取り込む際は、こちらをご利用ください。

菊陽町総合事業の指定を受けた事業所の一覧(H29.4更新)

様式名

PDF用

訪問型サービス(独自)事業所一覧(A2)

訪問型サービス(独自)事業所一覧(A2) [PDFファイル/16KB]

訪問型サービス(独自・定率)事業所一覧(A3)

訪問型サービス(独自・定率)事業所一覧(A3) [PDFファイル/28KB]

通所型サービス(独自)事業所一覧(A6)

通所型サービス(独自)事業所一覧(A6) [PDFファイル/21KB]

ケアプラン作成に係る請求書様式

事業所説明会介護予防・日常生活支援総合事業に関するQ&A

平成28年2月10日に行われた菊池郡市4市町合同事業所説明会にて出された質問に対する回答です。