トップページ > 組織でさがす > 福祉課 > 「障害者総合支援法」の対象となる疾病を358に拡大します

「障害者総合支援法」の対象となる疾病を358に拡大します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月12日更新
平成29年4月1日から「障がい福祉サービス等」の対象となる疾病が、332から358へ拡大されます。対象となる方は、障害者手帳をお持ちでなくても、必要と認められた支援が受けられます。

【対象となる方】
対象疾病(358疾病)に該当する方

【手続きの方法】
必要な書類等
1.対象疾病にかかっていることがわかる証明書(診断書または特定疾病医療受給者証等)

2.印鑑

3.マイナンバーカードもしくは通知カード

以上の書類等を持参のうえ、福祉課窓口に申請してください。

【利用までの流れ】
申請受理後、障害支援区分の認定や支給認定等の手続きを経て、後日受給者証を郵送します。
その後、必要と認められたサービスが利用できることになります。
詳しい手続き等についてはお問い合わせください。