トップページ > 組織でさがす > 健康・保険課 > 日本脳炎の予防接種を受けましょう。

日本脳炎の予防接種を受けましょう。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

 日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の予防接種のご案内を行いませんでした(いわゆる「積極的勧奨の差し控え」)。
 その後新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。
 このため、平成7~18年度に生まれた方は、平成17~21年度に日本脳炎の予防接種を受ける機会を逃していることがあります。以下、特例措置①及び②に該当する方で必要回数分の接種が完了されていない場合は母子健康手帳を御確認の上、接種されるようお願いします。

日本脳炎の予防接種の標準的な接種スケジュール

第1期        6カ月~7歳6カ月に至るまで  (3回接種)

第2期        9歳~13歳未満  (1回接種)

【特例措置①】

 対象者:平成9年4月2日生まれ~平成19年4月1日生まれ (20歳未満まで)

<接種回数、接種方法について>

(1)  平成23年5月20日以前に、全く接種していない場合(計4回)

初回接種:6~28日までの間隔をおいて2回接種

追加接種:初回接種(2回)終了後、6月以上の間隔をおいて1回接種

2期:9歳以上で、3回目の接種から6日以上の間隔をおいて1回接種

 

(2)  平成23年5月20日以前に、1~3回接種している場合

 6日以上の間隔をおいて、残りの回数を接種(1~3回)

 *ただし、2期(4回目)は9歳以上

 

【特例措置②】

  平成17年度~平成21年度の積極的勧奨の差し控えにより、接種の機会を逃した下記対象者で、1期の対象年齢(6カ月以上7歳6カ月未満)の間に3回の接種が完了しなかった場合は、2期の対象年齢(9歳以上13歳未満)の間に第1期の未接種分を接種することができます。

対象者:平成19年4月2日生まれ~平成21年10月1日生まれ

(注意)7歳6カ月~9歳未満での接種は、任意接種となりますのでご注意ください。

 

<第1期の接種方法について>

①  平成22年3月31日以前に、全く接種していない場合

初回接種:6~28日までの間隔をおいて2回接種

追加接種:初回接種(2回)終了後、6月以上の間隔をおいて1回接種

 

②  平成22年3月31日以前に、1~2回接種している場合

 6日以上の間隔をおいて、残りの回数を接種(1~2回) 

 受けるときの注意事項

○料金        無料

○接種医療機関  菊陽町予防接種だよりに掲載しています。(事前に予約が必要です)

             平成29年度菊陽町予防接種だより [Pdfファイル/542Kb]

○持参する物    母子健康手帳、予診票

 ※第2期対象者(9歳以上13歳未満)と特例対象者の予診票については、指定医療機関に置いてあります。

 

上記以外の方で予診票を紛失された方、転入の方については、健康・保険課で再発行します。母子健康手帳と印鑑を必ず持参ください。